A型教頭・B型校長のブログinスイス銀行
A型の教頭高島とB型の校長高田の凸凹コンビが書くハイテンションブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
機会原価という概念
こんばんわ、いわいるテンションローな校長の高田です。

機会原価概念。。。会計をお勉強したことのある方なら一度はお耳にされたことがあるはず。

定義を言いますと

機会原価=非排他的な選択肢のうち当該選択肢を選択したために逸失した最大の利益額

をいいます。

ちょっと学術的過ぎる記述だったかもしれませんが、試験ではこおいう記述も求められます(オイ

非排他的とはAとBがあってAを選択するとBが選択出来ないようなことを非排他的といったりします。ようするに「どっちかだけね」ってことですね

semner.jpg



機会原価、分かりやすく言うと

Aバイト(時給800×8+食事代520+電車代600)=利益5,280
Bバイト(時給1000×8+食事代520+電車代1000)=利益6,480
Cバイト(時給750×8+食事代520+電車代400)=利益5,080

※インセンティブや所得税等(源泉徴収)は一切考慮しません
ちなみに食事代は(埋没原価といいます)どの案を選択しても同じなので
比較するときの金額には含まれません。

Aを選択したらBとの差額だけ損しているだけではないのかという方もおられるかもしれませんが、差額原価概念でない機会原価概念では説明不可能です。
差額原価収益分析等の説明をしなくてはいけないのでちょっと省略

Aを選択するとします。
そうすると機会原価はBとなります
答えはAを選択することによって逸失した利益額の中でもっとも最大のものなのでBとなります。

パターンを変えて
もし何も選択しなかったとします。そうすると何も選択しなかったことによって逸失した利益のうちの最大の額はBになります。

ん~こんなこと私いっつも考えてるんです、好きだから。
田○先生元気にされていらっしゃるでしょうか、僕に原価計算という概念を好きにさせてくださった方です。最高(私はそう思っています(笑))の講義をされます。

これから私、一ヶ月間ほぼバイトゼロで勉強します。
私のバイト月給十数万円

この機会原価(コスト)を背負って一ヶ月勉強します。
無収入で一ヶ月勉強するんではない、
一ヶ月十数万円(ほんとはバイトに出ていたらもらえた給料)をつぎ込んで勉強するんです。
それ以上のものを得なければ。。。

管理会計って楽しいですね。
べんきょうではなく知識として身につけたい考え方かと思います。

by 校長の高田
ima5ges.jpg

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
君ならそんなコーチになれる。
(оДо)ピカー

by 校長の高田
2006/03/01(水) 09:07:45 | URL | 校長の高田 #z8Ev11P6[ 編集]
田○先生はこの前おしゃってた先生ですよね?講義を内容を好きにさせていただける先生は本当に素晴らしいですよね。私もそんなコーチを目指します★☆
2006/03/01(水) 08:36:53 | URL | 教頭のタカシマ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://koutyoukyoutou.blog39.fc2.com/tb.php/92-9447aad7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。